三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院

神戸淫乱女学院

神戸淫乱女学院 コンセプト



新入生のみなさんへ

三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院の教育理念『肉体関係を楽しめる女性になること』についてお話しします。

最初に結論を申し上げましょう。
女性は肉体関係を純粋に楽しめるようになると、幸せの幅が確実に広がります。

エッチは好きな人としかしない・・・。
女性の場合、これが普通の考え方ですよね。
そのため、交際してから肉体関係をもつのが一般的で、エッチを先にすることを望む女性は少ないでしょう。
特に、男性に“遊ばれた”ことのある女性はこの考え方が強く、よりエッチに慎重になるはずです。
例えば体の関係をもって、その後男性が去って行ったら“遊ばれた”と捉えるでしょう。
「私のことを好きにならなかった」、「私と交際しなかった」ということが不満で、他方で自分自身は相手のことを好きになりかけていたからこそ、そう感じるはずです。

ですが、そうやって一回一回男性を好きになってしまうことはとても時間がもったいないことです。
好きになってしまうとそこで時間が止まりますし、その男性との関係がダメになった時にしばらくは恋愛を休むことになるでしょう。
そうなると、「気が付いたら誰も相手にしてくれない状態になっていた」ということもあり得ます。
恋愛に年齢制限はありませんが、期限はあると考えるべきです。
男女どちらも若い方がモテるに決まっているのですから。
その若い時期に「失恋してショックだ」と塞ぎ込んでいることは、とても時間の無駄ではないでしょうか。
ですので、そうならないためにも、肉体関係を楽しめる女性になることが大切です。
そのために三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院は建学されました。

交際前、交際後、どのタイミングで体の関係をもつことも自由ですが、重要なことはその結果によって自分が左右されないこと。
「関係をもったが相手は私を好きにならなかった」
この時に落ち込んでしまわないように、自分も楽しんでおくのです。
また、好きになるために関係をもつのではなく、楽しむために関係をもつことも大切です。
この割り切りこそが三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院で学ぶ真骨頂です。

男性の場合、肉体関係は単純に楽しむもの、と捉えています。
だからこそ男性は、男女の仲になった程度では好きにならない、という人が多いのです。
女性にとってそれは難しい考え方かも知れませんが、女性もそうやって捉えた方が自分のためです。
デート、肉体関係、交際、結婚。
これらは繋がっていますが全て別のものです。
ですから、一つ一つを完結させて、独立させて楽しむという考え方も大切です。
先に進めるかどうかは後回しにし、取りあえずその瞬間を楽しんで、したことに後悔などしないようにしましょう。
三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院で貴女も達観の境地に至ることでしょう。

相手に期待してしまうからこそ傷付くのです。
相手も同じ考え方とは限りませんし、違っていることの方が多いはずです。
また確認したところで、その場では都合がいいように嘘くらいつくのが男女関係です。
だからこそ、今お互いにするべきことは何か、と考えるのです。
デートならば、その一日を楽しむことですよね。
暗い話題や否定的な話をしたらつまらなくなりますから、とにかく相手が楽しめるように振る舞うでしょう。
肉体関係でも同じです。まずは楽しく“する”ことです。
また結果がどうなるかは内容次第でもあります、つまらないことに拘らないで、とにかく楽しみましょう。
三宮 風俗 デリヘル 神戸淫乱女学院は貴女を“楽しめる女性”へと成長させます。

神戸淫乱女学院
学院長 仙田 晩鐘